薬剤師の面接は準備が9割!採用担当者の心を掴む全知識と豊富な具体例

薬剤師の転職では、面接が重要な役割を担っています。

薬剤師免許があれば、ある程度の経歴の違いは大きな問題とはならず、採用・不採用を決定されるのは面接での対応次第という部分もあるからです。

そのため、面接を成功させることが転職を成功させることに繋がります。

薬剤師の面接において転職成功するためには、事前準備が9割、本番での対応が1割と言われています。

面接で採用担当者の心を掴むための方法をしっかりと事前準備し、面接を成功させて転職を成功させましょう。

あや

面接は準備が9割と言われても、何を準備すれば良いものなんですか?とりあえず、聞かれそうなことの回答を作っておけば良いんですかね?

モンブラン

細かく見ていけばたくさんありますが、大まかに分ければマナーチェックと質問に対する回答の用意・練習ですね。どちらが欠けてもダメですよ。

きよみ

マナーチェックっていうと、具体的にどんなことに気を付ければいいのかしら?面接のマナーって、言われてみると良くわからないのよね。

モンブラン

それでは、まずは面接で大切なマナーについて確認していきましょう。

薬剤師の転職面接前に確認しておきたいマナー

面接では、まずはマナーを遵守していることがスタートラインとなります。

薬剤師は社会常識に疎いというイメージがあるため、最低限度の社会人マナーを取得しているとアピールする必要があるのです。

服装などの身だしなみも、改めて確認してみると面接のマナーに即していない場合もあります。

スーツなら大丈夫という単純なものではありませんので、好印象を与えるためにひとつひとつチェックしていきましょう。

身だしなみの基本は、清潔感です。過剰に着飾ることで逆に悪い印象を与えてしまう危険性が高くなるため、注意しましょう。

次に、面接に向けては時間の管理も重要です。遅刻は当然厳禁ですが、面接時間よりも早く受付しすぎるのもいけません。

面接には採用担当者も用意が必要になるため、配慮ができない人物という印象を与えてしまいます。

時間にしろ、身だしなみにしろ、マナーを守っていればそれだけで好印象にできるというものではありませんが、できなければ大きくマイナスイメージになってしまうものです。

しっかりとマナーを確認し、抜かりが無いように準備してください。

合わせて読みたい


薬剤師面接の時間

薬剤師の面接は時間が短いと不採用?時間に関するあらゆる疑問を解決



薬剤師面接の服装

薬剤師の面接で最適な身だしなみとは?服装・髪型・靴のマナーを紹介

あや

一つずつなら難しくはないですけど、数が多いから大変ですね。独力でやってたら見逃してしまいそうなので、面接に行く前に再チェック必須ですね!

モンブラン

転職エージェントの面接同行サービスを活用していれば、採用担当者に合う前に目に付くところは教えてもらえますけど、結局現地集合だと修正できる部分は限られてますので、やっぱり自分でしっかりチェックするのが大切ですね。

きよみ

マナーに関してはOKね。それじゃ、もう一つの面接対策に関しては、どういう準備が必要なのか、教えてくれる?

面接対策は必須!準備次第で面接の手応えが変わる

面接で聞かれる質問には大まかな傾向があり、その質問に対する回答の用意をしているどうかによって、面接の結果は変わります。

質問に対する回答を文章で用意して暗記し、すらすらと暗唱できるようにしておきましょう。

しっかりと自己分析などの事前準備をすることで、想定していなかった質問にもスムーズに対応できるようになります。事前準備無しの、ぶっつけ本番は絶対に避けてください。

面接においてはNGワードも存在しますし、普段とは違う緊張状態での対応となってしまうことから、どんなに話すことが得意な人でも、何かしらのミスが誘発されてしまう危険性が高まります。

また、ただ回答を用意して暗唱できるようにするだけでは、まだ足りません。面接に準じた状況を想定して、練習を重ねておくことも大切なポイント。

面接が終わってから、「もっとうまくできたかも」「別な回答の方が良かったのでは?」なんて後悔しても後の祭り。そうならないためにも、しっかりと面接対策を行い、強い手応えを得ていきましょう。

合わせて読みたい


薬剤師面接の回答例

薬剤師の面接で質問される代表例と回答12例!必須の面接対策とは?



薬剤師面接の自己紹介

薬剤師の面接序盤で聞かれる自己紹介!30秒でまとめる簡潔な具体例



薬剤師面接の逆質問

薬剤師の面接で必ず聞かれる逆質問!チャンスを掴む良い例と悪い例とは?

あや

練習しておくって言われても、結局自分で暗記してしゃべるだけでは、効果が弱い気がするんですが…。

モンブラン

そうですね。一人で練習するのには限界がありますし、その効果も大きくは期待できませんね。

きよみ

それじゃ、どうやって練習すればいいのよ?

モンブラン

そんな時にも、転職エージェントの活用です。面接対策の一環として、回答の添削を行ってくれますし、実際の面接を想定した練習を実施もしてくれます。すべてのエージェントが行っているサービスではないので注意は必要ですが、活用できれば大きな助力になることでしょう。

面接に落ちてしまうなら原因を理解し改善する

面接で落ちてしまうのなら、原因を把握して改善する必要があります。

ただし、一回落ちた程度で気にしすぎる必要はありません。

なぜなら、採用担当者が不採用を決める基準は曖昧であることも多く、なんとなく気が合わないように感じたとか、応募者側に問題がない場合も多いからです。

ただ、何度も面接で落ちてしまうと言うのであれば、その場合には自分の問題点を洗い出していく必要があります。

服装や身だしなみは、マナーに則った清潔感があるものを用意できたでしょうか?小物類に関しても気を配っていき、靴やネクタイ、髪ゴムなどにも注意しましょう。

面接の質問に対する回答も、見直した方が良いかもしれません。どこの会社でも通用するような、一般的な回答ばかりでは採用見送りにされる可能性が高まります。

企業研究を行い、そこの会社でなければいけない理由をしっかりと作りこんでいきましょう。

さらに、その作成した回答を、すらすらと暗唱できるまで練習しておくことも忘れてはいけません。面接は事前準備をしっかり行えば、成功確率を大きくアップすることができます。

面倒でも怠けず、きちんと対処していきましょう。

合わせて読みたい


薬剤師面接で落ちる理由

面接で何度も落ちる薬剤師の共通点とは?担当者が不採用に決めたワケ

あや

気が合わないって理由で落とされたら、やってられませんね。

モンブラン

この世の中には山ほど会社があります。調剤薬局の数だって、コンビニよりも多いんです。一つの会社に落とされたくらいで、気にしすぎてはいけません。むしろ、そんな理不尽な理由で落とすような採用担当者がいる会社に入職しなくて、ラッキーだったと思っておけばいいんです。

あや

でも、何回も落ちているなら、そうも言ってられないじゃない?働かないと食べていけないんだから、いつまでも余裕でいるわけにはいかないでしょ。

モンブラン

その通りですね。何回も落ちてしまうのなら、やはり自分にも何かの問題があると考えるべきでしょう。面接のポイントを自分に当てはめて、どこが問題なのかをチェックしていくことをオススメします。

まとめ:面接の結果は事前準備次第!ポイントをチェックして、完璧な用意を!

面接は人間同士で行うことですので、100%予想通りとはいきません。

だからといってなんの準備もせずに面接に向かっては、落としてくれと言っているようなものです。

しっかり準備してきたライバルに差をつけられ、不採用が続いてしまうことになるでしょう。

面接を成功させるためには、スタートラインとして社会人マナーを取得し、次に面接の質問に対する回答を用意・練習する必要があります。

用意するだけではなく、練習することが大切です。今回のチェックポイントを活用し、面接での勝利を勝ち取ってください。