薬剤師が選ぶおすすめ転職サイトランキング

薬剤師の面接は時間が短いと不採用?時間に関するあらゆる疑問を解決

薬剤師面接の時間

面接に行ってみたら、思っていたよりも短い時間で終わってしまって、不安に感じたことはありませんか?

それ以外にも、どのくらい余裕を持って面接に向けて出発すればよいのか、面接の日程はどう決めればよいのか、面接では時間にまつわる悩みはたくさん生まれてきます。

そこで今回は、面接の「時間」にまつわる悩みについて解説していきます。

あや

やっぱり面接に合格する人ってのは、長く時間をかけて面接してもらえる人なんですよね。どうでもいい人なら、別に話すことはないですもんね。

モンブラン

いえいえ、そんなことはありませんよ。私の実感では、面接に掛かる時間と合否には、直接の関係はないと思われます。

きよみ

まぁ、面接時間は面接担当者の性格も関係するでしょうし、なんとも言えないわよ。それより私は、面接日程の決め方の方が気になるわね。働きながらじゃ都合をつけるのも難しいじゃない。

モンブラン

面接に向けては、時間にまつわる悩みはたくさん出るものです。それでは今回は、面接に向けて時間の悩みを解決しておきましょう。
転職で失敗しない為に!転職サイトランキング

マイナビ薬剤師
じっくり重視
サポートが充実
ミスマッチが少ない

薬キャリ
スピード重視
優良な病院求人
細かなニーズにも対応

ファルマスタッフ
派遣重視
研修制度が充実
社会保証完備

面接の日程と時間はどうやって決まるの?

薬剤師面接の日時

通常の面接では企業側が候補日程と時間を提示してくれるので、転職者側はその候補日程の中から都合のよい日を決めていくというのが一般的です。

どうしても日程の都合がつかない場合には、転職者側から日時の希望を伝える場合もありますが、会社の意向に従えない人物という印象を与えてしまう危険性があるため、できる限り避けましょう。

まだ在籍中の場合、面接の日程・時間帯どうするの?

面接が実施されるのは平日の勤務時間内が基本なので、まだ転職前の会社に在籍している場合では、休みを活用して予定を合わせていく必要があります。

土日休みの傾向が多い門前薬局に勤める薬剤師だった場合、有給休暇を取る必要があるでしょう。

面接の候補日が決まったら、できるだけ速やかに予定を決定していくのがベター。

あまり先延ばしにしていると、同じ会社に転職を希望しているライバルの採用が決定してしまい、チャンスをふいにしてしまうかもしれません。

モンブラン

複数の会社に応募している場合、面接の日程はできるだけ近くにまとめておくのもポイントですよ。

あや

ええ!?それだと忙しくて大変じゃないですか!

モンブラン

もし内定の通知が来たのに、他の会社の面接がまだだったらどうしますか?第一志望の会社ならいいですが、そうでないのなら内定保留となって相手の会社にも迷惑が掛かりますし、最悪内定取り消しの可能性だってありますよ。

きよみ

確かにそうね。きちんとスケジュール調整していかなきゃね。

面接場所と受付は何分前の到着が理想的?

薬剤師面接の到着時間

面接は人生を決定する大切な場面ですので、万が一にも遅刻しないように注意していきましょう。

面接場所に土地勘がなくて迷ってしまったり、電車の遅延や車の渋滞があって移動時間が予定よりもかかってしまったりと、想定外の自体は意外と身近に存在します。

何か不測の事態があっても対処できるように、1時間前には現地に到着できるスケジュール組みをしておくべきでしょう。

早く着きすぎたとしても近くのカフェで時間をつぶすくらいの気持ちで臨み、そこでもう一度コピーしておいた履歴書と職務経歴書を確認しておけば、面接対策にもなって一石二鳥です。

面接の「受付」は5分前が理想

何の問題もなく到着できた場合、スケジュールよりも1時間前に到着することになりますが、たとえ早く到着しても転職先への面接受付は5分前まで待ってください。

面接に向けて採用担当者も準備がありますので、早すぎる受付は配慮ができない人物と考えられてしまうからです。

面接に遅刻は厳禁ですが、あまりに早すぎる受付も同様に避けましょう。

絶対に避けたいがもし面接時間に遅れそうな場合には?

薬剤師面接の電話

まず大前提として、面接に遅刻は厳禁です。

不可抗力的な遅刻であっても、応募者のために時間を確保している採用担当者にとっては関係ありません。

薬剤師としてと言うよりも、社会人として独り立ちできていないという大きなマイナスイメージを与えてしまうことでしょう。

原則として面接時間に遅れることはあってはならないことですが、万が一遅れる時は電話連絡することで、マイナスイメージを多少は緩和できます。しっかり対処することは社会人としての当然のマナーです。

どうせ不採用だからと適当に対応しては、狭い薬剤師業界に悪名が広まってしまう可能性もある為、後々のためのフォローをしっかりしていきましょう。

面接にかかる平均的な時間は30分〜1時間程度

薬剤師面接の日時

一般的に、面接にかかる平均時間は30分〜1時間です。ただし、この時間よりも短いから不採用、長いから内定確実という訳ではありません。

採用担当者が確認しておかなければいけないことが多くあれば、必然的に面接時間は長くなりますし、逆に採用担当者の確認したい項目が厳選されていれば、面接時間は短くても問題とはなりません。

面接後の予定は空けておく方が良い

面接時間は長くても1時間程度だからと、その後に予定を入れるのは控えた方が良いでしょう。

面接後には、そのまま適性検査を行うケースがあります。

面接が1時間以上に長引くこともありますし、面接後に職場内(病院内)を見学することもあります。

一日すべて面接で終了しても良いように、余裕を持ったスケジューリングを心がけましょう。

あや

早めに到着しても、近くのカフェでお茶している所を見られたら、なんか悪いイメージを持たれそうなんですけど…。

モンブラン

それなら、会場までの経路を下見しておいて、近隣の駅カフェで時間をつぶすのはどうですか?駅ならカフェでお茶していても、その会社の人に見られる心配は低いですよ。

きよみ

そこまで気にしなくても、そんなに見られてないわよ。きちんとした格好でいるのなら、見られて悪いこともないし、心配し過ぎも余裕がなくなっちゃうわよ。

まとめ:面接では心も時間も余裕を持って!

面接で大切なのは、心も時間も余裕を持つことです。

面接に掛かる時間が長かろうが短かろうが、それは面接の合否には関係ありません。

それよりも大切なのは、練習通りの回答をしっかりしていくことだと言えるでしょう。

ただし、どれだけ完璧に面接をこなせても、遅刻してしまっていれば不合格の可能性が高くなってしまいます。

練習成果を発揮するためには、面接に臨むスケジュール管理も重要なポイントなのです。

まずは社会人として、しっかりとマナーを守った行動ができることが最低限の条件です。

そこを踏まえて、練習通りの行動ができることが生きてきます。

心と時間にゆとりを持って、的確な行動をしていきましょう。

モンブラン

面接対策で重要な質問に対する回答例は下記記事で紹介してますので、合わせてチェックしてみて下さいね
薬剤師面接の回答例 薬剤師の面接で質問される代表例と回答12例!必須の面接対策とは?