薬剤師が選ぶおすすめ転職サイトランキング

製薬会社や企業への転職希望者にマイナビ薬剤師をおすすめる理由とは?

薬剤師07

薬剤師の転職先といえば、調剤薬局と病院が一般的なものと言われています。

製薬会社などの企業には新卒でなければ就職は難しく、中途採用されるためには高い学歴と能力が必要だという思い込みがそうさせているのでしょう。

確かに難しい転職先ではあるものの、しっかりとした事前準備さえしていれば、あきらめる必要はないんです。

今回は、製薬会社への転職を考える薬剤師に向けて、ポイントをお伝えしていきます。

あや

転職するって考えても、どうせ同じような調剤薬局かドラッグストアかって考えたら、そこまで情熱持って行動できないんですよね。

きよみ

まぁ、調剤薬局からの転職なら、そこらへんが普通だもんね。仕事の内容も大して変わらないし、情熱が出ないってのもわかる気がするわ。

モンブラン

それなら、情熱が持てるような職種に転職すればいいじゃないですか。薬剤師なら、いろんな企業で働き口があるはずですよ。

あや

それができれば苦労しませんよ。でも、中途採用で新しい職種なんて、無理に決まってます。

モンブラン

行動する前からあきらめてはいけません。薬剤師の転職なら、たとえば製薬会社なんかは仕事内容も一新されて、やりがいもあるんじゃないですか?

薬剤師の職場は薬局と病院だけではない、製薬会社もアツイ!

製薬会社に転職するならマイナビ薬剤師01

薬剤師が働く職場は、調剤薬局や病院など医療提供施設が7割以上を占めています。

特に新卒の薬剤師は自分自身を高めたいという欲求が高く、就職先として大病院を目指す傾向にあります。

多くの大病院では正社員になることも困難で、薬剤師の平均年収から大きく下がった薄給で生活をすることになります。

薄給だとしても勉強できればいいと割り切れない多くの薬剤師には、調剤薬局への就職も同様に人気が高いものです。

薬剤師不足の状況もあり、調剤薬局であれば就職することは難しくなく、日本人の平均年収よりも多くの収入を得られるというのも、人気の理由でしょう。

それでは、そうやって惰性で選んだ職場で、イキイキしながら仕事ができるものなのでしょうか。

実は、多くの薬剤師は現在の職場に不安や不満を抱えているということがわかっています。

次に挙げた感覚を少しでも感じたことがあるのなら、自分の働き方について考え直す時期になっているのかもしれません。

薬剤師として働く不安や不満

  • いつまでも調剤のルーティンーワークばっかりで退屈
  • もっとアクティブに働ける仕事が自分に合ってる
  • プライベートと仕事をきっちり分けたい、かかりつけ24時間対応はもううんざり

このように考えているなら、既存の調剤薬局への転職はオススメできません。

なぜなら、どこに転職しても大きな変化は見込めないからです。

現状の自分に満足できないのなら、医療の現場とは全く違った働き方が必要になる、製薬会社医薬関連会社への就職をオススメします。

時代に対応できない従来型の薬局グループは沈みゆく一方

院外処方箋が始まり、日本に初めての調剤薬局が誕生してから、50年余りが過ぎました。

その間、調剤薬局を取り巻く環境は大きく変化し、薬剤師の働き方も変わり続けています。

出店すれば利益が上がるという、経済的にはあり得ないようなバブル期も終わり、新たな処方箋発行機関の頭打ち、それに伴う処方箋枚数の頭打ち、さらに医療費削減による調剤報酬のマイナス改訂と、従来型の調剤薬局が破たんする道筋ができてしまったのです。

今後生き残ることができる調剤薬局は、調剤報酬のみに依存せず、別な収入経路を持った新たな形の調剤薬局となる必要があるのです。

薬局の薬剤師から異なるキャリアを身につけよう

生き残ることができる調剤薬局が少なくなっているということは、現在の薬剤師が働く主な職場が激減してしまうことにつながります。

このままでいれば、いつか調剤薬局で働く薬剤師は淘汰されていくことになるでしょう。

優秀な経営者とごく少数の薬剤師が調剤薬局を維持するという日がやってくることを考えれば、薬局薬剤師ではないキャリア構成も考えていく必要があります。

医療提供施設ではなく、医療関連企業でのキャリアを早いうちから構成できれば、後になって慌てて転職活動を行う薬剤師よりも、断然良い条件での働き方ができるのです。

あや

たとえばですよ。たとえば、私が製薬会社に転職したいって相談したら、できそうですか?

きよみ

いくらあやちゃんが若くても、もう第二新卒って年齢でもないし、難しいんじゃないの?しかも、女子の転職は30歳までって言われてるし。

モンブラン

そんなことありません。製薬会社への中途採用は難しいものではありますが、しっかりと準備して臨めば、私は可能だと思いますよ。

未経験から製薬会社や医薬関連企業への転職でも年齢は関係ない!

薬剤師08

製薬会社や医薬関連企業への転職を考える時、まずネックとしてしまうのは年齢に関するものです。

転職市場では基本的に、年齢が高くなるほどに転職は難しくなると言われています。

それは薬剤師でも例外ではなく、例えば50歳代の人が完全に未経験で調剤薬局へ転職させてくれといっても、それは無理な相談だと誰もが感じますよね。

調剤薬局などの人材不足で困っている所であれば可能性はありますが、人気職種であれば不可能に近いことでしょう。

ですが、そこまで極端な例ではなく、例えば30代での転職であれば、転職成功を目指してもまだまだ大丈夫なんです。

考えるべきは年齢より今まで培ったスキルと経験

製薬会社などでは、必要になるのは高い専門性を持った人材です。

年齢に縛られて可能性を捨ててしまうのは、非常に勿体ないことだと言えるでしょう。

大切なのは年齢ではなく、今まで培ってきたスキル経験なのです。

その部分を自己分析でしっかりと把握し、入職後にどんなメリットを会社に与えられるのかを把握しておけば、年齢を理由に諦める必要はありません。

転職35歳限界説と女性30歳限界説は時代遅れ

転職できるのは男性35歳まで、女性は30歳までと言われていますが、それは今の時代に合っていない時代遅れの考え方。

以前は求人といえば35歳までと記載されており、そのために転職限界説が生まれてしまったのですが、現在は転職に関わる年齢制限が禁止されることになったため、そこまで年齢にこだわる必要がなくなりました。

確かに年齢が高い転職の場合、即戦力としてバリバリ働いてもらうことが前提での転職になるため、ハードルも高いものとなってしまいますが、それでも限界というほどに不可能なものではありません。

マイナビ薬剤師で製薬・企業求人を調べてみる

マイナビ薬剤師の製薬会社・企業求人

マイナビ薬剤師で公開求人として掲載している製薬会社・企業求人は、339件ありました。

一見あまり多くない印象を受けるかもしれませんが、他の転職エージェントだと3桁にすら満たない求人数しか保有していません。

下記は、実際に現在募集中の企業求人になります。

1、DI業務

マイナビ薬剤師の製薬会社・企業求人

2、試験管理業務

マイナビ薬剤師の製薬会社・企業求人

3、医薬品管理業務

マイナビ薬剤師の製薬会社・企業求人

これらはあくまで一例で、薬剤師資格と2〜3年の社会人経験さえあれば募集要項を満たせる求人が大半になります。

製薬会社への転職が初めての薬剤師はマイナビ薬剤師一択

マイナビ薬剤師

製薬会社への転職を考えており、なおかつ初めての転職であるのなら、利用する転職エージェントはマイナビ薬剤師で決まりです。

マイナビ薬剤師は、転職サポート力で群を抜いた転職エージェントであり、ほかの転職エージェントのように、求人探しと紹介だけで終わってしまうようなことはありません。

手厚いサポートを後ろ盾に、製薬会社への転職を勝ち取っていきましょう。

詳細な業界情報をインプットし応募書類・面接対策で内定を勝ち取ろう

まず、転職エージェントを利用することの最大のメリットについてお話ししましょう。

それは、通常では得られないような詳細な業界情報を効率的に収集できるということです。

転職では、いかに自分が有益な人材であるのかをアピールすることが大切ですが、関わったことのない業界では、どんな人材が求められているのかすら分からず、どんなアピールをすれば採用担当者の目に止まるのか見当もつきません。

そこで、転職エージェントを利用することによって必要となる情報収集を行い、効果的に自分を売り込む準備をすることができるのです。

さらにマイナビ薬剤師では、転職の時に重要なカギを握る応募書類に関して、その作成補助や添削を実施しているために、書類作成に不慣れな薬剤師だとしても効果的な書類作成が可能です。

面接対策でも、直接コンサルタントと対面しながら面接練習をする機会が設けられるため、他の応募者と差をつけることができるのです。

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師のリアルな評判と口コミとは?手厚いサポートが魅力?

働きたい・なりたい職種が決まらないならまずは相談から

なりたい職種が決まらない、どんな働き方がしたいのかもわからない。

それでも今の職場は嫌で転職したい。そんな風に感じるのなら、とりあえず転職エージェントへの相談をしてみてはいかがでしょう。

相談は無料ですし、全国各地で相談会も実施されています。

転職は自分自身の問題である為、一人で抱え込んで悩みのドツボにはまってしまう薬剤師が多いものです。

だからといって周囲に相談したとしても、転職に関する情報もあいまいで、まともなアドバイスを得られることはほぼありません。

その点、転職のプロであれば、きちんとした裏付けのあるデータから、しっかりとしたアドバイスを得られます。

なりたいものがなくても、今の心境を吐露することで新たな可能性が見つかるかもしれません。まずは現状を打破するため、相談だけでもしてみてください。

モンブラン

転職エージェントを利用することで、格段に転職成功の確率はアップできます。そもそも、独力で求人を探して転職活動を成功させるというのは、医療関連企業の場合には難しいと思いますけどね。

あや

なんか、今回の話を聞くと転職できそうな気がしてきますね!

きよみ

そうはいっても人気の職種なんだから、しっかり準備しないと!勢いまかせの行動は、ケアレスミスにつながるわよ。

モンブラン

もちろん簡単な転職ではありませんので、事前準備がモノを言いますけど、初めから可能性を捨ててしまう必要はありません。実際に転職成功した薬剤師だっているんですから、チャレンジしてみる価値は十分ですよ。

製薬会社へのキャリアチェンジに成功した薬剤師

ドラッグストアで定年まで働き続けることに不安を感じ製薬会社に転職しました。品質保証の仕事をしているのですが、会社の管理体制(業務や労務関係)がちゃんと整っているので安心して働き続けることができそうです。
狭い調剤室で同じルーティーンワークに飽きてしまい、CRCとして治験支援会社に転職しました。仕事は忙しいですが、医師や看護師と対等な立場でやりとりできているのでやりがいを感じています。
かかりつけ薬剤師のノルマと24時間対応に苦痛を感じキャリアチェンジしました。今では製薬会社の学術職として働いていますが、土日休みで残業もほぼないため家族と過ごす時間も増やせて転職してよかったと実感しています。

調剤薬局は経営戦略などが稚拙でも、開店しているだけで利益が山のように生まれていました。

ですがそれも昔の話、現在は処方箋枚数の頭打ちの影響で新たな収益は見込めず、医療費削減の影響で現在の収益も目減りしています。

薬局のM&Aも活発になって、明日の保証がないかもしれないのです。

収益を上げるために新たな業務を開始すれば、それがそのまま薬剤師の負担となって返ってきます。

薬局業界が八方ふさがりに近い環境のなか、自分の理想を追いかけて転職することは、薬剤師という人生を歩んでいく上で賢明な選択なのかもしれません。

まとめ:目標をあきらめない!チャレンジしてこそ輝く薬剤師人生!

製薬会社は人気の職種で、将来的に安定していて仕事のやりがいもあり、就職を考えた薬剤師もたくさんいることでしょう。

それでも、なぜか調剤薬局に勤務し、転職を考えても根拠のない理由で先送り、結局何も行動しないままで日々が過ぎてはいないでしょうか。

現代は転職することが一般的な時代になり、年齢によって遠慮する必要もなくなりました。

製薬会社での勤務を考えたことがあるのなら、遠慮することはありません。

薬剤師数が増えてきたと言っても、まだまだ不足している会社も多く、たとえ失敗したとしても受け皿はいくらでもあります。

一度きりの人生、満足して生きていくため、目標に向かってチャレンジしてみませんか?

モンブラン

マイナビ薬剤師を詳しく調べるならこちら
マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師のリアルな評判と口コミとは?手厚いサポートが魅力?